スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVドラマ「新・妖怪人間ベム」の最終話推測&感想(12月6日)

最近観ているTVドラマ「妖怪人間」です。なかなか面白くお薦めです。(`・ω・´)b
「人間って、醜くても、美しい!」なので感想文書きます。
これは私の勝手の推測と感想です。
かなりネタバレです。(推測?興味ある方どうぞ
「妖怪人間ベム」最終話&真相推測(勝手

勝手の自分の推測です。いま7話まで放送されたけど、なんか悟ってしまったので、記録します。
TVドラマ観た方は思い出しながら読んで良いと思います。人間って奥深いね
---
科学者の緒方は当時「完璧なる人間」を作るために研究を続けた。しかし、人造人間の実験は失敗し、そこで生まれたのがベム、べラ、べロと名前のない男である。
実験はなぜ失敗したか?なぜなら、緒方は本当の完璧の人間は「真」「善」「美」だけを有するモノであると思っていた。彼は「悪」を細胞から取り除き、完璧な人間を作ろうとした。

しかし、実験は失敗。その細胞が4つに分裂し、ベム、べラ、べロと名前のない男,それぞれ「善」、「美」、「真」と「悪」の感情を持っている。彼らは同時に人間の五感を代表する:ベムは「聴覚(耳)」(耳で人を探せる)、バラは「視覚(目)」、べロは「嗅覚(鼻)」。彼らは「真善美」を代表し、だから最初から三人が一緒であった。

そこで、隔離された「恶」は他所で名前のない男と化し、彼は同時に「口覚」(登場する度に長セリフをw)を象徴する。それと同時に、ベム、べラ、べロ、名前のない男は人間の四つの姿でもある=「男女老若」。
ここで「老(人)」である名前のない男は、「記憶を持つ」、それで彼はベム達の過去を知っており、更に人間になる方法という知識を持つ。

本来、ベム三人と名前のない男は、人間の【真善美恶】【男女老若】を一体にして初めて「人間」と化するものであったが、隔離されたことにより、惨劇になった。

ベム三人は人間の美しい感情を一身にしている。ストーリーの中で出てくる犯罪者は何か愛を欠けているため間違った道を歩む。そこでベム三人は自分の善良と優しさで彼らを感化し、助けて救った。犯罪者が欠けた人間の善さは彼らが与える。しかし、ベム達は犯罪者の心が理解できない、だからいつも「お前それでも人間か?」と叱る。なぜなら、ベム達は良い感情しか有さないため、人間の「悪」を理解できる訳がなかったからである。

一方、名前のない男は「悪」のため、人間のマイナスの感情を理解している。そして同じく人間になる方法を探している。その唯一の方法は自分の血液の中の「悪」をベム達に与え、融合させることである。それで犯罪者に与え、ベム達に事件を解決させた。

本当の人間は善良な訳がない、必ず醜い心を持っている。誰もが不完全であり、ほかの人間から自分の欠けている感情を求める。それを、名前のない男がベム達に伝える。(例えば8話予告の中で夏目警官が悪と化した時、「これが彼の本当の姿だ」と言う)

人間は最初から完璧ではなかった、汚い心も持っている。善と悪、美と醜を持て合わせている。ベム達が美しい心を持つと裏腹に、その姿がいかなる醜い物のように、人間も美しい姿の裏、汚い心を持っている。それを彼らに教えたかった。そしてベム達が唯一人間になる方法は人間の「汚い心」を手に入れることである。
ストーリーの中に出てくる三つのステッキは人間の骨からできている。日本の昔話でもっとも有名は妖怪は「赤鬼」と「青鬼」、どれも人間と友達になりたくて、ただ一人は善、一人は悪と化した。「赤鬼」と「青鬼」はどれも手に棒を持っていた。緒方先生の3本のステッキは3人が持っている。

「ベム」=善の妖怪、「名前のない男」=悪の妖怪、「緒方」=人間の代表

彼らが持っていることには何か意味がある。実は世の中善悪の良し悪しがなく、妖怪と人間が共存する世界が一番ではないだろうか?だからその代表とする三人がステッキを持ち、3つ合わせて初めて人間ができることである。

ここで夏目警官についても述べたい:第六話から事件に出てくる人、誰もが5年前の事故と関連している。そしてその事故は誰かに仕組まれたこと。よくよく考えて見れば、1話から出て来た犯罪者ほとんどが夏目家となんらかの関係があった(小春や小春を見たコンビニ店員)

もしかしたら、その事故は妖怪を人間にするための素材を作るために仕組まれたかもしれない。前述のように、人間になるためには負の感情を持たなければならない。ベム達は事故によって生まれた負の感情を被害者から貰わなければならない。

夏目警官がそうであろう。アニメの最終話を参考すれば、人間の魂と肉体を切り離し、ベム達の魂を入れることで初めて彼らは人間となる。夏目警官はその媒介となるのだろうか?


そして、緒方先生が本当に作りたかったのは本当にただの人間なのでしょうか?完璧な美しい生き物ではなかったのだろうか?しかし、その結論は、完璧なものなど最初から存在しなかった。そして存在する可能性もない。
妖怪と人間が共存することこそ世の真理。(ここの「妖怪」は世の中のいろんな生き物を指す(第一話参照。


そしてベム達が良く言う台詞の「人間になりたい」も実は私達への問いかけではないだろうか?
人間の美しき心への期待でもあれば、醜い心への皮肉でもある。人間はこんなにも醜くても、君は人間になりたいか?人間でありたいか?答えは私達の心にある。ベム達が応えてくれた「それでも、人間になりたい」と。

結局ベム達が最後に人間になれるか、どのような方法でなれたかはもはや重要ではない。本当に人間達が、彼ら(妖怪)を受け入れるのだろうか?貴方は、自分の醜さを受け入れ、人間に希望を持てるのだろうか?

2011年 12月06日
本当に奥深くて良いドラマでした^^

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【TVドラマ「新・妖怪人】

最近観ているTVドラマ「妖怪人間」です。なかなか面白くお薦めです。(`・ω・´)b「人間って、醜くても、

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> 相沢さん、
メッセージありがとうございます。
例の同人誌ですが、あれはすでに中国に手完売しておりまして、どこでも入手困難です。><
お手伝いできなくてすみません。
これからもよろしくお願いします!仲良くしましょう。
プロフィール

たこ焼き

Author:たこ焼き
たこ焼きある
留学生ある!日本の大学で勉強中…
属性:声優好き+声フェッチ+ショタ声+腐
mixi:http://mixi.jp/show_profile.pl?id=28673492
ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/mylist/4705755
こえ部活動中 http://koebu.com/user/takoyaki523





CV:たこ焼き *突いてみてね*


耀受ONLY公式サイト


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。