スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【思考】ヘ/タ/リ/ア、二次創作やニコ動について

この文章の内容はかなり敏感の話題です。

ヘ/タ/リ/アの同人、ほかの二次創作及びニコニコ動画についての思考です。

あくまで自分の考えです。留学生なので、日本語も文法もめちゃくちゃです。
読んで
「お前はまったく自分の間違いを認識していない。
日本のルールを分かっていない。やはり馬鹿だ。出て行け」
と言う方は必ずいると思います。
他人に好感を持たせるためにこれを書いている訳でもないので、嫌われても仕方ありません。
これが自分が何日間も悩んで悩んで考えて考えて辿りついた結論です。
日本人ではないので、自分の考えや結論ははっきり言います。
これ以上ストレス溜まってはいらないので、吐き出します。
外国人なので、考えの中で根本的な違いがあるかもしれない、嫌がらせや言いわけに聞こえるかもしれない
誰かを批判しているつもりはまったくありません。
こういう考え方もあるんだなぁと思っていただければ助かります。

皆様の率直な意見も聞きたいです。

自分の考えはかなり偏っているところがあると思います。
気に入らない方は閲覧しないでください。><

よろしくお願いします。
前の企画の動画が荒れた事があってから、
また別企画でキャストさん達で公開について論争になって
その結果、完成品を公開時にキャスト名を完全に伏せることになった。

当時は「ちょっと残念ですが、仕方ないですね。」と思ったが、
やはり前回のことがあって、こんなことになったと思うところがある。
ずっと気にしていて、悩んで、いろいろ考えさせられた。
ーーーーーー
aphルールはもちろん何度も見直して、aphルールができるまでの経緯まで調べた。

①「なぜ言論自由のない中国では二次創作のジャンルは自由で、ルールもまだ緩いのに、
言論思想両方自由な日本では少しのミスやルール違反でここまで叩かれるのか?」

②「なぜニコニコ動画ではフレーミングになりやすいのか?」

などを考えた。

そして自分が辿った答えはこんなん感じである。

「最初は日本でもそこまで検索避けは厳しくなかったが、事件があってから皆敏感になって隠さずを得なかった。」

ヘ/タ/リ/アは92/擬/人/化/
隠さないと本家が叩かれそうなので、本家の作品を守るために、2次創作者の間で作った検索避け及びaphルールだった。要するにトラブル防止のための物である。

ヘ/タ/リ/アが他の二次元作品と比べたら、/国/擬/人/化である時点で敏感であると言われている。
それは唯一ほかの二次元作品との違いとも言えるだろう。

しかし、もし「国/擬/人/化が/敏/感」という点が根本的問題であれば、なぜ本家はアニメ化、映画化、
漫画も海外販売、アニメも海外で上映されるとか、やり放題できるのか。
それと反対に、日本でヘ/タ/リ/アの二次創作はますます厳しくなっているし、叩かれやすいのか?

検索避けの理由として「三次元の人が国/擬/人/化を見たら嫌な気分になる人がいるので」というのを見掛けた。

私は中国の父親に「ヘ/タ/リ/アという/国/の/擬/人/化の作品がある」と言ったことがあるし、自分が作った同人誌も父親が一緒に印刷工場を探してくれて交渉してくれた。
私の父親は3次元を生きている人間だし、常識がある大人なので、こうしたことで一々怒らない。
仮に「国/擬/人/化」を敏感だと思っていても「いま頃の若者は...」ってなるくらいである。
自分の兄や姉に聞いても誰も激しい反応はしなかったのである。

本当の3次元の世界中には理不尽なことやもっと敏感な事(政/治/問/題や国/家/問/題)がある中、2次元くらいで何の問題を引き起こせるのか?と問題視にしない3次元の大人が多いだろう。
ーーーーーー
私は先日、あるきっかけで、ヘ/タ/リ/ア/同人関連のあるアンチ掲示板で自分の企画に関してアンチを観た。
自分は確かに間違っていたので、適切な批判については改めて反省した。

しかしほかの同人活動をしている有名な方もそこでアンチ・批判されているのを観た。
自分の好きな方も結構いるので、ちょっとむかっと来た。
彼らはあんなに愛があって、一生懸命二次創作しているのに、なぜ叩かれる理由がある?
結局叩かれた対象はほとんど同じ特徴を持つ「有名である」
大手になれば、動きが派手であれば、アンチと批判が付くことが分かった。

結局二次創作は「こっそりやれば問題ない」「どっか引っこんでろ」「表に出るな」「思いあがるな。調子に乗るな」 って言われようばかりだった。
ニコニコ動画も素人のプロごっこをやる場所だとアンチされている。
結局嫉妬厨ばかりに見えた。
「皆最初はただの普通の素人で、普通のファンなのに、なぜお前は目立ってしまうんだ?プロにでもなったつもりか?」と言わんばかりである。
ーーーーーーー
僕はいままでどんな2次創作を観ても、口に出して批判することは一度もしなかった。
誰でも完璧な二次創作を作ることはできなかったからである。
有名な方がいて、その方の作品に仮に何か問題があっても、多くの人に受けてもらったことには理由があるだろう?
「ほかの信者やファンは皆バカである。」だと否定するより、自分の考えを確認してから、自分に考えの間違いがあるかどうかまず考え、どうしても納得できなければ、見て見ぬふりをすれば一番平和的だと思う自分がいた。

中国では、言論自由も出版自由はないが、ネットではかなりやり放題なところがある。
これだけ人口があれば、いろんな考えや思想、解釈がある。
「二次創作」や「同人」という概念はまだ薄いが、「恶搞e4 gao3」や「歌詞の替え歌」がたくさんある。
「恶搞e4 gao3」というのは 有名な作品を面白そうに作り変えることである。
「エルシャダイ」のMAD想像していみれば分かりやすいかも。

人が真面目に作った作品なのに、勝手に面白がって改造や二次創作する。
しかし、中国は日本と違って、人が10倍いれば10倍カオスである。
それを本家が出て批判しても、止められないからである。
思想の闘争は永遠の課題で、どの時代でも止められないからである。
作品自体が現実の二次創作とも言えるのであれば。それについての一人一人の解釈や理解、
評論はまして止められないからである。

へ/た/リ/アの場合は「国」というあまりにも大きすぎるネタを扱った以上、尚更二次創作を止めることはできないだろう。ネタも多すぎて切れがないし、人気もずっと長く続くだろう。

もちろん本家は名作を作っている以上、懐が大きいな人ばかりで、これしきの二次創作は気にしないだろう。

中国では「大話大国」、「大話水滸伝」などの名作の「二次創作」が沢山ある。
表現でも言論も出版も自由でない中国でさえも、二次創作は認められている。
「日本は思想や言論自由の国で、作品についての評論、解釈も自由であるはずである。」と私は思ってきた。
しかし、あんな不自由な中国でやれたことはなぜ自由であるはずの日本ではできなかったのか?


ヘ/タ/リ/アの原作者さんは二次創作を認めている。
もう商業化なってしまったので、商業利益にさえ損害が出なければ、二次創作は大目に見てくれる。

しかし、「二次創作」自体は日本でマイナスなイメージを持っている。隠れてやらなければならないところがある。

私が本当にヘ/タ/リ/アを見始めたきっかけはニコニコ動画である台湾の方が書いたMADを観た時である。
それで興味湧いてきたのであった。

ニコニコ動画自体について、素人の皆が自分をアピールするステージ、二次創作の場、交流の場、国際交流の場を提供していると思う。

素人であっても、夢を抱えている人や才能をいっぱい持っている人がいる。
しかし、条件がないか、きっかけがないか、いろいろ現実な原因でプロになれなかったりもする。
プロもアマチュアも中身はただの人間で、好きな物や夢があり、求めたいものがある。
プロになれなくても歌や二次創作を続ける人がいる。愛があればやめられないからである。
なんらかの形で夢を見続けている。
ニコニコ動画がそれを教えてくれた。
「こんなにも自分と同じ趣味や夢を持っている人がいるんだなぁ」と知った時、感動と力ばかり湧いてくるよね。

一人の力は小さすぎる。隠して、何かやるには大変すぎる。しかし、皆が集まって何かをやれば、大きな力になる。
誰かと話し合う人、志向が同じな人と力を合わせて一緒にやれば、楽になるし、力も湧いてくる。
いろんな才能の人が集まれば、団結して何かを作れば、プロにも負けないからである。
「同人」は「同様な嗜好をもっていて集まる人」だから「同人」ではないだろうか?

「作ってみた」や曲のp、「歌ってみた」、「替え歌」、「MAD」や「描いてみた」、全部素人に手による二次創作です。

世の中のあらゆる作品自体が現実の二次創作でも言える。そして作品に対して感覚も解釈人それぞれである。
それを表す一種の形が二次創作である。
pも「勝手に私が作った歌を歌うなよ。お前へたなんだよ」、「そういう雰囲気じゃないだろ」と思う人はほとんどいないだろう。そういう考えだったらニコ動にうpしないはずである。
「歌ってくれているのは好きでいてくれていることなので、嬉しい」と言う心の広いうp主が多いである。

まず創造主は皆優しい方ばかりである。
そして、2次創作する人もも愛のある方が多い。

ニコニコ動画はそういう自由で、愛が溢れる場所だと思う。
なので伸びたところで、叩かれる筋合いはないと思う。
結局一部視聴者の人は楽しみをもらったからである。

歌が好きで「歌ってみた」投稿するにも、声優が憧れて「喋ってみた」やるにも、
やっていること自体が間違った事とは思わない。
ーーーーーー
日本人の方(特に創作をする者)は皆優しすぎて、少しでも批判する方がいれば、すぐ気遣って対応する。
自分達が「お前達こっそりやっていろ」と言われたらトラブルを避けるために退いてしまう方も多い。
なので、ニコ動ではかなりうp主が荒れに遭って、自分から動画を削除するものも多い。ニコ動から消えた名作もいくつかある。
正直に見ていて心が痛い。
ーーーーー
日本では、どんな状況でも、周りの人に気遣う習慣があるので、本当に優しい人は自分に対して優しくない人に対しても優しさを見せている。

だから「お宅」や「コスプレ」、「腐女子」、「同人誌」は欧米や海外、中国や台湾ではまったくマイナスなイメージがないに対して、(中国では公の場でコスプレコンテストをやることも多い、ステージも用意される。)
発源元の日本では「痛いわ。表に出るなよ」というマイナスのイメージばかりである。

日本のTVで海外のお宅や腐女子やコスプレヤ―へのインタビューを観たことがある。
彼らは誇れるように、嬉しいそうな顔で「お宅です!」「腐女子です!」言えている。

しかし、日本人はそれを言えなく、むしろ現実では隠れヲタをしている方が多い。

その態度の区別はなぜだろうか?
「外人が馬鹿で全然頭使ってない」とか偏見を持っている方もいるかもしれない。

しかし、本当はただの価値観の違いなのかもしれない。
外国人は 人の見方より、自分の楽しさに素直だからである。
彼らはずっと最初のもっとも純粋な気持ちを保ったまま、2次元を好きになってきたと思う。
私もその一人である。外国人のヲタクは素直に純粋に二次元を楽しめると思う。><

私は「なぜ同じ物が好きなのに、自分の気持ちに素直になれないのか。喧嘩するのか、隠したりするのか」を必死に考えた。

日本人は他人に気遣って、退いてしまうところが多いので、すこしでも過激な批判者がいて、批判されたら、
自分も申し訳なくなって、頭下げるなり、隠したりすることが多く、
結局自分まで自分のやっていることにマイナスなイメージを抱いているかもしれない。

それが流れになって、結局社会全体がお宅や腐女子にマイナスのイメージ、偏見まで抱いてしまったのかもしれない。
と私は思った。

ーーーーー
批判厨や敏感な人は批判することに楽しさを感じているので、批判して何か反応してもらえることを楽しんでいる。自分の思想を認めてくれていることだからである。それに群れて叩くのが好きである。多くの人が自分の見方だと思うからである。煽るのが特徴である。
もちろん批判厨は最初に意思の弱そうな優しい人を狙うだろう。反応を貰いやすいからである。

だから、いままで批判厨は国/擬/人/化というちょっと敏感な題材の二次創作を狙ってきたと思う。
本家を叩いてももう主流になったから叩いても阻止できないし何も反応が来ないからである。
そしたら次を取って、活動がまだ公認されていない、弱者である二次創作の作者を叩くことしかできなかった。

それでこのジャンルで無闇な論争が起こりやすい原因となったと思う。
ーーーーー

これが自分の結論である。
出来上がったルールは納得する範囲で守ります。
意見はもちろん取り入れて改善します。
しかしその背景に一部の批判厨や嫉妬厨がいることを見抜いた以上、
尚更挫けないつもりです。
別に悪い事をしていないし、頭を下げることはありません。
こういうやり方です。

ーーーーーーーーー
また
※こちらでにーにのパクリ人形を売ってるとの指摘を観たが、
あのにーに人形は 日本の中国人形がでるずっと1年前からあった立派な同人グッズです。
日本での販売価格は国際送料をプラスにしただけです。

デザインした人とも連絡取っていました。同人BBSでしか宣伝されていないし、作った数量も少なく通販しかやっていなかったのです。
中国人は馬鹿ではありません。本当に金の儲けのために安いパクリ物を作るのであれば、デザインまでしてそんな大きな投資までしません。効率悪いし商店で大量販売できないからです。
ーーーーーーーーーー
私は二次元での中/日交流と友好を望んでいるので、いつも中国での良い同人作品があれば、推薦しているし、
動画投稿をしている。逆もそうです。

中国のアニメファンは「代購(代理で日本商品を買ってくれる人)」に通して日本製の正品版のグッズを買う人が沢山います。その場合「代購の人」がかなり高い手数料を取るので、ただでさえも高い日本の正品を更に高値を出してまで買っています。そこまで愛があります。
中国では正品が買えないからやむを得ない劣等品のパクリを買っている人がいます。


パクリがどうこうというより、日本はまずそのグッズを海外でも売るようにすれば問題は少し解決されると思います。そのためには相互理解も、国際協力も必要です。
アニメイトや虎の穴も中国や台湾の同人誌の取り扱いを始めました。
角川書店も中国市場の進出を検討しています。
二次元も文化ももはや国際化の時代です。

自分は将来は中日で二次元産業の経済交流や合作もできるのではないかと考えながら、
経済についても勉強しています。

ニコ動はいい傾向で、ある自由の方向性と可能性を示していると思います。

あらゆる事でも良い面と悪い面があるので、悪い面ばかりではなく、
遠い目、良い目で物事を見るべきではないでしょうか?

と、話は完全にずれましたが、言いたいことはこんな感じです。><
図々しくてもうしわけございません。
乱文で本当にすみません。
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

たこやきさんは本当に真剣に考えていますね。大多数の人は、そこまで考えていません。

日本人は、批判されることに非常に敏感です。それは小さな村社会の名残です。村社会では、批判される人間は「村八分(仲間はずれ)」にされてまともな生活が送れなくなりました。
他人と何かを語り合って、率直に自分の意見をぶつけること自体が「空気の読めない」ことだとみなされてしまうのです。
だから、日本人は議論も下手だし、外交も下手。

これは、ヨーロッパや中国など「大陸」で生きてきた歴史を持つ民族には、なかなかわかりにくい概念だと思います。本当に独特です。

あと、オタクがなぜここまでネガティブなイメージを持つに至ったか、一つの事件をご紹介します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件
この事件の犯人、宮崎被告にオタク趣味があったとされ、「オタク=犯罪を起こすような変人」のイメージが強く印象付けられました。当時は「アニメが好き、マンガが好き」と匂わせただけで、いじめの対象になるくらいオタクはネガティブなイメージがあったのです。

実は、現在は当時と比べるとオタクのイメージが非常に向上してきていて、あと10年もしたらもっと良くなるかもしれないとすら推測しています。当時に比べたら、今はまだましなんです。

日本人でも海外で活躍する人やエリート層は、いかに日本にとってアニメやマンガという文化が大きな財産かということに気付いています。

日本人は、正直欧米なんか行きますと「黄色人種」で差別されることも多いです。
でも、アニメやマンガ好きの人は、日本人というだけで尊敬してくれます。当然、アニメファンやマンガファンのイベントなどで人種差別を受けることはありません。これがいかに大きなことか、海外に出ている日本人は肌身で知っています。

そして、そんな事実を知らぬのが多くの日本人なのです。でも、これからは少しずつ理解していくと思います。

Re: タイトルなし

> 夏海さん、コメントありがとうございます!
すごく参考になりました。
たしかにそうですね。
ちょっと内容が敏感な記事へのコメントの多数も管理人のみ閲覧可ということからもわかりますね。><
中国人だと相当プライバシーのことでないと基本コメントも隠さないで公で議論しますね。(ケンカになり易いけどww)
前の荒れも、結局書き込みとコメントは過激批判者が過剰に意見発表して、理性に考え、公開で自分の意見を書いてくれる人は本当に少なかったのです。


後に参加者個人に意見を聞いても、一部は「それは私に聞くことではなくて、皆で決めることです。皆が良いと言うなら私は構いません。」みたいな返事を貰いました。自分の判断を信じ、自分の意見を述べることが少なく、視聴者のコメントを重視してしまう人もいました。><
それで日本人参加者の中で論争になったこともありました。(え

(中国ではあらゆるBBSでも色んな人の意見が反映されますが、日本のBBSを観てしまうとどうも2chみたいなアンチが湧くBBSばかりですね。正論を知っている人は分かっていてもあんまり議論に参加しないのですね。)

日本の政治もなんかそう感じられました。若者が政治無関心なところもあると思いますが、無関心ではなくて、当時は意見を大胆に述べなかったから、民衆の意思が的確に反映されなかったから、問題が起こるのではないだろうかと思いました。悪い結果になって、大問題になってからはじめて政府を叩き始めます。(;゚д゚)最初から責任をもって民衆も意見を述べればいいのにと思いましたが><(相手も聞く耳を持っていればの話ですが

オタクのその犯罪事件は昔から知っていたのですが、
中国人から見れば「極端な個別例なので、オタクのイメージまで悪くすることはない。」と考える人も多くて、中国でゲーム好きな人が事件を起こして、青少年犯罪例も結構ありましたが、相変わらずゲーム好き、堂々と趣味を言える人が多いですね。><
結局感覚の違いですね。大学で結構隠れオタが多いのに、なかなかオタク友達ができない理由がなんとなく分かりました。
これから日本のオタクイメージもよくなることを願っています。

夏海さんはその事実を皆にも知ってもらいたくてこれを非公開にしなかったと思います。
勇気のある方だと思います><。すごく尊敬します!
本当に大変参考になりました!適切な意見を本当にありがとうございます!

これからも仲良くしてください。><

今まで読んでばかりでしたがちょっと持論を書きこんでみます。

韓国の国会でまじめに審議されてしまったあの韓国騒動では、
3次元を生きている人間で、常識がある大人を怒らせてしまったのは紛れもない事実です。
たこやきさんの家族の方はどうとも思われなかったようですが、
人によっては全く違う反応を示すこともあるのです。
まあ、あの事件は結局、本家にそこまで激しい描写がないこともあってか、
その後は何事もなかったかのようにaphは続いていますが……。

この騒動のように、私たちの側からすると何も問題ないと思えるようなことが
相手の取り方によっては、国辱、侮辱とみなされてしまうということは多々あるのです。

そのため少々過剰になるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

以上が私の検索除けに関する考え方です。

Re:たこ焼きさん

>「それは私に聞くことではなくて、皆で決めることです。皆が良いと言うなら私は構いません。」

これは、日本人にとってごく一般的な反応だと思います。大抵の人は、小さな頃から「周りに合わせなさい」としつけられ、自分の意見を言うと「わがままだ」「自分のことしか考えていない」と非難されるからです。

でも、自分のやりたいことをやって充実した生き方を選択したいなら、このような考え方だと少し難しいと思います。ですから、個人的には自分の考えを持たない(持っていても主張しない)人には共感しにくいです。

>中国人から見れば「極端な個別例なので、オタクのイメージまで悪くすることはない。」と考える人も多く

これは正論だと思います。全くその通りです。
でも、日本のマスコミは「オタクが犯罪を起こした」というレッテルを貼るのがとても好きです。「オタクという特殊な人間がやったことで、自分たち一般人には関係が無いのだ」とでも言いたいのか?と疑ってしまうくらいです。
今はネットがありますから、かなりその傾向は弱まってきたと思います。でも、昔は本当に「オタク=社会不適応者」と一方的に決め付けるような報道が多かったです。

ですから、隠れオタクの子達の気持ちも分かるのです。私も、学生の頃は隠れオタクでした。
オタクだとばれたら、友達も彼氏も出来ないと思っていました。
ファッションもギャル系でギャルっぽくふるまって、オタクっぽいところは表向きできるだけ出さないようにしていました。

でも、私は隠し事や嘘が上手くないので、深く付き合っている人たちには半年もすればばれてしまいました。
そして、友達は「別にオタクでもいーじゃん」って言ってくれて、彼氏は「お前ほんとホモ好きだな」とBL好きな私をあきれながらも認めてくれました。

それから、私は隠れオタクをやめました。
だから、今隠れオタクをしている人たちも、そういう経験があったら堂々とオタクできるのかもしれません。

話題がずれてすみません。
私も、たくさんの人がオタク文化を堂々と楽しんでほしいなと願います。だって、実際楽しいですから!!

Re: タイトルなし

>はるなさん、コメントありがとうございます!大変参考になりました。
それについてですが、やはり感覚によって見解が違うと思います。
韓/国は確かにいまでも反対する人がたくさんいます。たとえ二次元好きな人も反対の人が多いです。

反対された以上、問題点を反省し、もしその作品を継続させることを決めたら、
どう対応するか、改善するかを考えるのが先ですが、
しかし、本家を外国から侮辱だと思われるリスクを知った上、ヘ/タ/リ/アという作品を広めています。
(今は海外まで広がっています。)本家も日本国内ではまったく検索避けしていないと思います。

「検索避け」は「隠している」事だと思います。
果たして隠して、人に知られなければ、何やってもいいでしょうか?
背後で人の悪口言っているようなものです。(せめてヘ/タ/リ/アは韓/国に対してはそうです。ほかもいろいろ問題がありますが。)

中国の動画サイトで日本のアニメが違法うpされていて、日本のアニメ会社と裁判になったことがあります。
いま中国のそういうサイトでは日本からのアクセスをブロックしています。相変わらずアニメがうpされています。もちろん海外もそういう違法うpしている動画サイトが沢山あります。
つまり自国に引きこもって、悪い事(?)をしています。中国のパクリもそうです。(中国のパクリ物はほとんど中国国内で買われている)決して良いことではありません。

いまは国際化や情報化の世界です。いくら隠していても、存在しているものは証拠となります。
ヘ/タ/リ/アという作品本家は国際化を選んでしまった以上、一部の批判を受ける覚悟もできているはずです。

もちろん、一部の海外の国では好評を博しています。
ヘ/タ/リ/アの中で、中国のパクリに対してあっちこっち皮肉な表現をしています。
しかし中国の民衆もパクリという物の悪さに共感し、自覚しているので、
そのキャラを認めていますし、ほかに中国の良いところも描かれているので、好きになれます。
中国人自身も自国の欠点を認識しているということです。だから侮辱だとは思いません。

自分はヘ/タ/リ/アファンである以上、もちろん本家を100%正確とか過度の擁護までしません。、
問題点を認識して、自分がヘ/タ/リ/アのファンであることを、
ヘ/タ/リ/アの二次創作をしていることに責任を持って言えます。
「私はヘ/タ/リ/アが好きです。二次創作もやっています。それには理由があります。」と胸を張って言えます。

本家も二次創作も自分達がほかの国への理解を基にして創作しています。
自分の他国への理解を述べているようなものです。
それがその国の人に見られ、「私達の国はそんなんじゃないよぉ!」と指摘されても、
勇気を持って受け止めるべきです。そうしないといつまでも誤解したままです。
まして二次創作の人はその国が好きで創作しているなら、もっとその国の人の話も聞くべきです。

日本人は中国についてをたくさん誤解しているところがあります。だから私ははっきり言っています。
敏感だから「隠す」べきではなく、敏感だから討論し、相互理解を深め、誤解を解くべきではないでしょうか?
いつまで日本はその鎖国的な思想を持つのでしょうか?
私も日本の二次元を好きにならなかったら、日本に来なかったら、日本を誤解したままかもしれません。
亜細亜も人々が交流を深めれば、本当はもっと平和になれるはずです。

私はニコニコ動画のヘ/タ/リ/ア動画を見て台湾の方の見方や考え方を知りました。
ヘ/タ/リ/アを好きになりました。
そして動画投稿して、中国好きな日本人の方が存在していることも知りました。
韓国の方とも友達になりました。
自分の企画でも、日本人の方、台湾の方、中国の方、いろんな人が参加しています。
そのおかげでいろんな国の人の考えと見方を知りました。

ヘ/タ/リ/アは私にとって、ただの二次元作品ではありません。国際の思想自由と交流の方向見せてくれています。本家の皮肉表現が多い中でも、その他国の人達が好きになってくれていることは心のどこかで
「なるほど。私の国はそう見られているのか?」「ちょっと違うけど面白いなぁ」
という考えもあります。外国はそんなに懐小さい人間ばかりではありません。
間違ったところを指摘されたら日本人も認識を改める機会が得られます。

そしてヘ/タ/リ/アのキャラの一部定着設定も同人創作によるものです。他国への理解を述べ、語るきっかけとなります。

私はヘ/タ/リ/アのそういう意味での大きいなメリットを知ってしまったので、もう隠すことはしません。
ヘ/タ/リ/アで大騒ぎになって作品自体が無くなることを怖がるファンが多数で、だから日本で隠してやり続ければいいと考える人も少なくなりません。

そしたら本家はなぜますます国際化の努力を見せるでしょうか?
高橋さんもそう言いました「最初からもっと国際を目指してやっていくべきだったのでは?」
台湾でも劇場版上映します。
本家もその姿勢を見せている中、なぜファンである私達はその意旨を理解できないでしょうか?
結局日本国内でこっそりやっていて自分達だけが楽しめればいいって物でしょうか?

文化と思想はぶつかり合って初めて開花をするのです。
ヘ/タ/リ/アは新しい作品です。一種の可能性と国際交流の努力を見せてくれます。
私はそう思っています。

だから過剰に隠すことはしません。
喧嘩したい訳でもないので、皆さまが自分の率直な意見を聞くためには自分も意見もぶつけなきゃ行けないので><かなり厳しいこと言っていると思います。
乱文で申し訳ございません。失礼いたします。


















パクリよりとはいっても

「他人様の作品を勝手に使わせていただいているのだから本来は著作権料を取られても文句が言えない」 
 日本人の二次創作に対する考えには基本的にこんな考えがあります。だから「人様の作品を使った製作をしている奴がでかい顔して出てくるな」となる。それは当然のルール。
日本では他人のものを取るのは悪い事だからやっちゃいけない。
パクリを云々言うよりって、それは泥棒の理屈、逆切れの理屈ですよ。

>彩鳳さん、
はい、そうですね。
二次創作自体が嫌いでしたら本家だけを見てやってください。お願いします!

返信ありがとうございます。

少し言葉が足りなかったようです。後出しみたいになってしまいましたが、
前回のコメントには二次創作の検索よけに関してのことだと考えてください。
実際、韓国の国会でさらし上げにあった絵は本家の絵ではなくて二次創作の絵でした。

私は、本家は隠れる必要は全くないと考えています。
作者は自分の考えを、自分の漫画や自分で考えたキャラクターを通して主張しているからです。

これは少し大袈裟ですが、論文を発表するのと同じことです。
そして、論文を発表したのなら同意の言葉もたくさん受けられるでしょうが、批判を受けるのも当たり前です。
例えば、ある国のキャラの扱いが悪いと批判が来るかもしれません。
しかしながら、本家であれば「これがこの作品中における主張です」と言えるのです。

二次創作についても同じことが言えると考える人もいるとは思いますが、
二次創作において、このような主張はしてはいけないと私は考えます。
(とは言っても全部の主張がいけないとはもちろん考えていません。「このキャラが一番好きだから」などはむしろ主張すべきことです)
"このような主張"を具体的に言うとそれは"政治的主張"のことです。
これは二次創作を通してやることではないのです。
ニコ動において、動画が消えたりした原因のほとんどは
政治的主張が無意識ではあるのでしょうが、見え隠れしていたからです。
(炎上、削除までいってしまったのはニコ動的なノリもあったのでしょうが……)
本家にすでに描かれていることを描くのならば、作者の主張を引用していることになります。
しかしながら、作者がまだ描いていないことに関しての扱いについては政治的な主張が入ってるかどうかでどうなるかが決まります。
ですから、本家にない近代史または生々しい戦闘描写は避けられるのです。
これらの描写には政治的主張が付きものだからです。

政治的主張は自分の名義で自分の言葉で行うもののはずなのに、
いつの間にか無意識的あるいは意識的に人様のキャラクターを使って行うようになってしまっています。
私たちは、人の考えたキャラクターを使わせてもらっている立場です。
私たちは人の考えたキャラクターに自分の主義・主張を語らせてはいけないのです。

本家がいくら海外に行き、aphのキャラクターでaph価値観を主張しようとも、
私たち二次創作組はaphのキャラクターで自分の政治的主張をすることは避けるべきなのです。

また「検索避け」は確かに「隠している」事です。
しかしながら、隠すということの何が悪いのでしょうか。
隠す事は背後で悪口を言っているようだとたこ焼きさんは考えているようですが、
私はそうとは全く思いません。むしろ見たい人だけが見れて、
見たくない人興味のない人の目には極力触れないという点で、
むしろよいことだとすら考えています。
この点に関しては考え方の違いの問題ですので、どちらが正しいとかは存在しないと思いますが。

……うまくまとまらなかったと自分でも思っているので、
よく分からない部分などがあったら知らせてください。
本当に乱文で失礼しました。

誤解をされているようですが

二次制作が嫌いな訳ではないんです。私の書き方が悪かったですね。ごめんなさい。
「ルールを守らない」二次制作が嫌いなのです。
かような人が居るせいでまっとうにやっている人が厨ジャンルという汚名を被るので。
厳しい事を言うようですが、たこ焼きさんのやっている(やった)事は犯罪です。違いますか?
どれだけご自身を正当化しようと、日本国の法律に反する行為です。
「嫌いなら見なきゃいい」とおっしゃる以上、耳に痛い言葉は聞きたくない方だとお見受けします。
 ですが一人の違反者が居るがために規制が更に厳しくなり、ジャンルそのものが死ぬ可能性があるという事を忘れないでください。お願いします。

>はるなさん、
度々コメントありがとうございます。面白かったです。
歴史と政治はまったく違う物だと思いますので、政治主張の話がよくわかりません。
「どちらが正しいとかは存在しないと思いますが。」そうですね。たぶんこの問題をこれ以上討論必要はありません。
いろいろ聞けてありがとうございます。
お疲れ様でした。

>彩鳳さん
度々ありがとうございます。
前の件については何度も謝ったのでこれ以上言うことはありません。
私の態度が刺々しくて気に入らなかったら申し訳ございません。
いまは「ルールを守っている」つもりですので、「ブログ検索避けして」と言うのでしたら、また直接言います。
このブログでは企画のことについてまったく書いていなくて、二次創作のために作ったブログではありません。どっちかという日常記録、ニコ動も国際交流の内容のブログです。自分のブログで自分の考えを書くことは個人の自由だと思います。
もちろんそれで他の方の意見も聞けたらなお嬉しいです。

私自身も二次創作をしている者ではなく、二次創作を全力応援している方です。
いままで関わったことはキャスト参加と編集、企画管理だけです。今回の合作企画も私だけの意思ではありません。シナリオも一部ネタ提供をしたまでです。
個人のブログでこれ以上まったく関係ない企画を話を指摘するのは妥当ではないと思います。

それでも「違法」を言うのでしたら、お手数ですが、その証拠リストを提示していただけるでしょうか?
私個人がしていることにどこか気にいらなければメールなどで個人同士で解決してください。
もしくは通報やら、法律の正当手段を使って私を処置すればいいと思います。

よろしくお願いします。
人それぞれですので、いろいろ意見が違うところもあります。
ここでこれ以上討論するつもりはありません。お疲れ様でした。


>歴史と政治はまったく違う物だと思いますので、政治主張の話がよくわかりません。

とのことなので、ここの部分についての補足だけします。
返信とかは特にしなくて結構です。


まず、私は歴史には政治的な主張が隠れていると考えています。
例えば、第二次世界大戦以前の日本では、
「天皇は神の子孫である」
ということを学校の歴史の授業で教えていました。
もちろん、これは嘘です。天皇はただの人間です。
なぜ嘘をついてまで歴史上の出来事として教えていたのかというと、
天皇が日本を統治するという根拠が欲しかったからです。
「天皇は神の子孫である」という歴史的事実を作ることにより、
「だから天皇が日本を統治するのだ」という政治的な主張を手に入れたのです。

他にも、南京事件にも政治的主張は隠れているでしょう。
日本側と中国側であそこまで死者数が違うというのもそのためだと考えています。
どちらが正しいのかなんて私には分かりません。
しかしながら、歴史がただの事実の羅列であり、政治的主張も何もないのなら、
第二次世界大戦が終結して65年も経つのに解決の糸口もないというのもおかしな話だと思います。
おそらく、日本側も中国側も相手の国の主張を受け入れることで起きる、支持率低下などを気にしているのでしょう。

このように歴史には政治的主張、意図が多数含まれているのです。

乱文ですみません。
ありがとうございました。

こんにちは。

たこ焼きさんこんにちは、はじめまして。
歌ってみたを聞いてファンになり、ときたま生放送にもお邪魔しています。(コテハンはつけておりませんが)

私もAPHの動画を投稿しており、叩かれて荒れた動画もあります。なので多少はお気持ちわかるかもしれません。
私なりに感じたことを書いてみます。
とても長文です。他の方のコメントを読んでいないので、重複してるかもしれません。すみません。

●二次創作について・・・
>不自由な中国でやれたことはなぜ自由であるはずの日本ではできなかったのか?

一つは著作権についての考え方の違いです。日本は中国に比べると著作権へのこだわりは強いです。。
二次創作というのは、厳密に言えばすべて「著作権侵害」にあたります。キャラクターにも著作権は存在するからです。
今はあくまで「ファン活動の一部」として「黙認」されている状態です。
黙認ということは、本来は公にしてよい活動ではない、グレーゾーンであるということです。
もちろんAPHの場合は原作者が公認しているので、あてはまりませんが、二次創作全体では、そういう考え方が基本にあります。
なので、そもそも堂々とやることではない、という考え方があります。
人によっては「犯罪行為」とまで言うくらいです。実際、著作権元に訴えられて有罪になったケースがあったと思います。

ちなみにAPHでもこういう例があります。
ttp://www.gentosha-comics.net/hetalia/2010/05/oshirase3.html


もう一つは、アニメや漫画、および二次創作についての歴史の差だと思います。
日本ではアニメや漫画という文化は幼児から60代以上の老人まで、ほぼ完全に浸透しています。歴史にして5、60年くらいにはなります。
反面、二次創作という概念が、一般に知られ出したのはここ数年のことです。それもあくまで「知られだした」段階です。50年くらい差があるわけです。
ですので、日本ではあくまでアニメ漫画は「原作」が大王道のマジョリティで、「二次創作」については、「邪道」のマイノリティでしかないのです。

ほとんどのファンはあくまで「原作」のファンであり、一ファンが作った「二次創作の世界」のファンではありません。
純粋に原作を楽しみたい多くのファンにとって、見たくもない二次創作を見せられるのは、原作のイメージを崩されるなどの苦痛でしかありません。
人によっては、「二次創作」の存在自体に嫌悪感を抱くほどです。それほど「原作」が絶対なのです。

二次創作を作る人も「原作への愛」は同じですよね。原作あっての二次創作です。
だから「原作が大好きで、だからこそ原作のイメージと異なる二次創作は見たくない。存在も知りたくない。あくまで原作のイメージだけを大事にしたい」という人の気持ちも理解し、その気持ちを尊重します。

だから二次創作関連の活動は、「純粋な原作のファン」から隠れるように努力していたわけです。

ただ、近年のオタクブームでその暗黙のルールも崩れつつあり、その過程で摩擦が生まれているように思います。

中国など外国では、アニメや漫画の歴史が浅いうちに、二次創作という文化も定着したために、日本ほど「原作」対「二次創作」という構図が生まれず、原作は原作、二次創作は二次創作と、平行して楽しむ土壌ができたのではないかと思います。

●オタクのネガティブイメージについて

日本では長い間、アニメ、漫画は「子供向けの幼稚な娯楽」だったので、大人のアニメファンは「大人の世界に適応できない幼稚な人間」と見られることが多かったです。
また、二次創作が生まれた当初から今でいう「BL」「ロリコンエロ」といったジャンルもありました。こういったものはやっぱり隠しますよね。
ですので、二次創作活動をしている人は、上で書いた著作権の問題もあり、ひっそり隠れていました。
そこで、幼女連続殺人事件が起こります。本当に衝撃的な事件でした。
当時の日本では、まだアニメは子供だけのもの、というイメージが強く、この事件で初めて大人のアニメファンの存在を知った人が多かったです。
つまり、この事件が「オタク」という存在の社会デビューになったわけで、以降は完全にアニメファン=この事件のイメージになってしまいました。

たこ焼きさんは「一部の特殊なケース」とおっしゃっていますし、実際にそのとおりなのですが、世間はそうとらなかったわけです。
それから数年間は、アニメファン=変態=性犯罪者予備軍みたいに扱われていました。今でも若干そんな感じですが・・・。

●APH関連のルールについて

二次創作についてのルールを作る権利があるのは、著作権者だけです。APHならひまさんか、あるいは出版社など?です。
ひまさんが作ったルールは当然守りますが、関係ない人が勝手につくったルールを守る義務はないです。
もし無理やりローカルルールを守らせようとするなら、その人は、ひまさんだけが持つ権利を勝手に行使していることになりますので、そっちの方が問題じゃないかと・・。
また、公序良俗に反するような内容なら、ニコ動のガイドラインで判断されることです。気に入らないなら通報すればいいのです。
APHに過去いろんな事件があったことは知っていますし、むやみに人に不愉快な思いをさせようとは思いませんので、自分なりの基準でタグなど気を遣っていますが、他の人が「自分が気に入らない」という理由で叩いてきても、それで動画を削除したりはしませんね。
過敏になりすぎるのは、ひまさんの原作自体を否定することになるので、どうかと思いますね、私も。

●>日本はまずそのグッズを海外でも売るようにすれば

日本人は、技術や発明は優れてると思うのですが、ビジネスモデルを作るのが下手だというのが私の印象です。
アニメ、これだけ海外で人気だといわれてるのに、ほとんどが海賊版やら違法アップロードやらで、収益になっていないという・・・。
ある有名なアニメ監督は、日本のアニメ業界はすでに斜陽で、あとはゆっくり廃れてゆくだけだと言っていました・・・。


最後に

>中日で二次元産業の経済交流や合作

とても素敵な夢ですね。
ぜひがんばってほしいです!

日本人のコミュニケーションは特殊ですね。私は生粋の日本人で日本が好きですが、過剰に空気を読んだり、謙遜や建前など、正直面倒くさい文化だと思ってます。
日本人の私でもそうなので、外国の人はなおさらだと思いますが、それでも日本に飛び込んできて、努力をしている人は素晴らしいと思います。

では、また動画投稿や生放送などがんばってくださいね。

コメント失礼します。

初めまして、コメント失礼させていただきます。
中国語講座、いつも楽しませてもらっています、氷室 夕と申します。


たこ焼き様の考えに共感したり、色々気付かされたり…。すみません。単に自分の考えや気持ちを伝えたくてコメントさせて頂きます。
不快でしたら削除してくださいませ。
論点がずれていたり、文章がまとまらないと思います、ので先に謝っておきます。申し訳ありません。



私もaphルール、検索避けに関しては疑問を持っていました。
私は完全にろm専というか、見る専。投稿者ではないので
動画の最初や作者コメントにあるルールを守って、aphルールをちゃんと見たことがないのですが…

個人的には単純にヘタリアが好きではない人にも国名で動画やサイトがひっかかると不快な思いをするかもしれないのかな、と思っていました。
軍オタさんや歴史オタさんからしたら本家様はギャグで歴史を扱っていますので、「こんなぬるくないよ」とか「○○って国はもっとこんな感じだよ」
と思う人が多いようです。(友人談ですが…)
でもヘ/タ本家様は大げさに批判するような不快な表現をしてないとも言っていました。
(ただ、この国の人はみんなこんな感じなんだ!という偏見を生みやすいとは言っていました。私は日本人として日本というキャラクターが好きですが
 やはり日本の性格がすべての日本男児に当てはまるとは思えません。本家での日本は少し古風な感じですし)


でも、動画に関してなのですが、検索にひっかかってもサムネや動画名でヘ/タ/リ/アの作品だとわかる物が多いと思います。
明らかにわかる形の物を見て、自分で判断して動画を見てまで批判する人の気持ちが私にはわかりません。


ニコニコ動画での批判や荒らしのようなコメントは本当に見ていて心が痛みます。
作者さんが少しでも間違ったことをするとそこを見つけて突いてきます。
例えば本家リンクが貼っていないとか…よく見たことがあります。
これは批判ではないかもしれませんが、言い方によっては批判だと思うんです。
「本家リンク貼った方が良いですよ」

「本家リンク貼らないとかマジks」

これでは受け取り方が全然違いますよね…。


あとはトレス動画やMAD動画でもよく
本家様に迷惑のかからないように という作者様コメントが目立ちます。
個人的にはアレもどうかと思うんです
迷惑というものが具体的にどういうモノなのかわかっていないのですが
恐らく「~~から」というコメントだと思います。
これも先ほど言った通り、トレスや勝手に作ったPVから本家音楽、動画に視聴者が来る事が嫌。という人が多いようです。


私はトレスやPVから別ジャンルに興味を持ったりしたことがあるので。
本来は素晴らしい作品をリンクさせたい思いでトレスやMADが存在していて
そういう意味で敬意を表してトレス動画等では本家様のリンクを貼るのだと思うのですが
最近では「バカ共が本家で~からコメすっから作者コメントでリンク貼んない方がいい」
と言う人も増えてきています。

最近ヘタリアの二次創作でゲーム系が流行っているのを聞いたことがあります。
私はその動画を拝見していないので詳しい事情は知らないのですが
昔ゲーム系からの三次創作=本家と見なされるのが嫌、というアンチがでてきて
結局そのゲーム動画は作者様の意向で観覧ができない状態になっているようです。
同じ作品が好きなのにおかしな話だと思います。
どうして「こういう解釈もあるのか」と認められないのでしょうか
どうしてみんな同じで無ければいけないのでしょうか
もし三次創作が本家だと思ってしまう人がいても誤解を解けばいい話だと思います


ニコニコ動画のマナーも変に敷居が高くなってきたというか、最近ではコメントを見るのが億劫な動画が多いです。

ニコニコ動画はyoutubeより気軽にコメントができると思います
でもそれは本来の「ニコニコ」笑顔にさせるようなコメントがすぐできるようにとなされたシステムではないのでしょうか?
「すごい!」「うまい!」ただ一言流したい人のためのニコニコ動画なのではないのでしょうか



オタクへのマイナスイメージは、いつから始まったのかわかりませんが
日本の人口を考えて、どれだけ漫画やアニメに触れたことの無い人がいるのでしょうか
漫画を読んでいる人、アニメを見ている人が全員オタクなわけではありません。
でも、自分も漫画を読んでいるのに少し漫画に詳しいだけで「オタクだ、キモチワルイ」と叩かれるのが今の現実だと思います。
暗い=オタクという印象や偏見があるのです。

コミケやオンリーイベントでこう行ったルールみたいなものがあるのをご存じでしょうか?
イベントは家に帰るまでがイベントだ。
つもり、家に帰るまで同人誌を見るんじゃないってことらしいです。
これは意見の分かれるところだと思うんですが
電車で本やジャンプを読んでいる人は批判されないのにどうして同人誌だけそうやって規制されなければならないのでしょうか…
同人自体が一応違法だから、ということなのでしょうか…
でも儲けようと思って同人活動をしている方はそうそういないと思います。
ただ自分の描いた作品を、音楽を見て聞いてほしい。そういう方がほとんどだと思うのです。
また同じ話に戻るのですが、BLが嫌いな人が同人誌を横から見ていたらどうする?ともよく言われますが
こそこそと活動しているから余計に叩かれるのではないのでしょうか
最近少しだけオタク、秋葉原メイドカフェ、等イメージアップがされたように思えますが
まだ「家に閉じこもって暗い部屋でパソコンばかりしている人」という感覚を持つ人が多いように思えます。


海外ではオタクって良いイメージのようですね…日本国内でこれだけ叩かれているのに、何だか変な感じです;

私ももっと、日本はアニメグッズ等を海外に発信すべきだと思います。
商業目的だと思われそうですが…日本に行かなければ買えないなんて、私が外国人で日本のアニメ好きだったら絶望しています。
そう考えると日本を観光をしてほしくてわざわざアニメグッズを閉鎖しているのかも…なんて深読みもしてしまいます^^;
国際交流が盛んになってきているのに、日本は今だ鎖国状態のようで…何だか嫌ですね。


読み返して修正もしたのですが、どうやってもこれがまとめの限界でした;
無知な子供の意見なのでどうかスルーしてやってください。

重ね重ね、長文乱文申し訳ありませんでした…。
貴重なスペースをお借りしました、ありがとうございました。
これからの作品も楽しみにしています^^


氷室 夕

マジで泣いてしまいました;
涙もろいもので…

たこ焼きさんの意見は正しいと俺は思います
俺は、叩くのは自分に自信が無い小心者だと思います。だから、ニコ動などに歌ってみたなどの動画を載せる人は凄いと思うし、俺の憧れです。
主旨ズレてたらすいませんorz


中国好きなので、中日の関係良くなってほしいですw
長々と失礼しました

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

たこ焼き

Author:たこ焼き
たこ焼きある
留学生ある!日本の大学で勉強中…
属性:声優好き+声フェッチ+ショタ声+腐
mixi:http://mixi.jp/show_profile.pl?id=28673492
ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/mylist/4705755
こえ部活動中 http://koebu.com/user/takoyaki523





CV:たこ焼き *突いてみてね*


耀受ONLY公式サイト


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。